フランスでツーリング!P2PでバイクレンタルできるRider Club

バイクのシェアリングサービス・Rider Club フランス
バイクのシェアリングサービス・Rider Club

本記事ではP2Pでバイクレンタルできるアプリを開発したRider Clubについて紹介します。

海外旅行の際に、有名な観光地や普段とは違う景色の中をバイクで走りたい!と思ったことはありませんか?

このRider Clubは、そんな海外でツーリングしたいという方の要望に応えるサービスです。フランスの都市、自然の中をツーリングすれば最高の思い出になるはず。

このサービスを使えば、レンタルバイクを探すのも、貸し借りの契約もスマホで完結します。保険会社がサポートについているので、その面でも安心です。

それでは、以下、Rider Clubについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

個人間でバイクを貸し借りできるサービス・Rider Club

借りたいバイクを選択
サイト/アプリ上で借りたいバイクを選択→持ち主にコンタクト
出展:https://www.riderclub.fr/

表題からわかるように、バイクを貸したい人、借りたい人をマッチングするサービスです。

このRider Clubのサイト、またはアプリを使えば、借りたい場所、借りたいバイクのタイプを入力すれば適したものを見つけることができ、持ち主にコンタクトをとることができます。

今までレンタカー会社などを通して行っていたプロセスが全て無くなり、個人間での貸し借りを可能にしました。

どこでも借りられる

借りたい場所を指定
借りたい場所をサイト/アプリで指定

Rider Clubではサイト/アプリから、借りたい場所を指定することができます。上の画像のサーチバーに場所を入力すれば、その近辺で貸し出しできるバイクの一覧を表示してくれます。

このRider Clubは、現在フランスを中心にサービスを展開していますが、将来的にはヨーロッパ全体に広げていくとのことなので、ヨーロッパの美しい景色を背景にツーリングすることを可能にするサービスです。

日本人でも借りられる

Rider Clubは国籍を問わず、サービスが利用できるとのことです。つまり、日本人旅行者でも利用することができます

私(本記事の筆者)はRider Clubの代表の方と直接話したのですが、日本人旅行者にも是非使ってほしい、積極的に売り込んでくれと、かなり前向きでした。

国際免許を申請して旅行にくれば、本サービスは利用可能です。もし質問がある場合は、Rider Clubへ問い合わせれば回答してくれます(英語可)。

ヨーロッパをツーリング
ヨーロッパをツーリング

冒頭にも書きましたが、ヨーロッパの景色の中をツーリングしたいと思っている方は多いと想像します。

私はバイクは乗らないのですが、車でヨーロッパ各地を走るのが大好きです。もともと車にはそれほど興味は無かったのですが、フランスに移住して、すっかり魅了されました。

借りたいバイクの種類を選べる

シェアサービス・Rider Club:借りられるバイクの種類
好みのバイクを選ぶことができる
出展:https://www.riderclub.fr/

移動手段としてバイクを使う人ももちろんですが、ツーリングや趣味でバイクに乗っている人は特に、どんなバイクに乗りたいか、こだわりを持っている方が多いでしょう。

Rider Clubでは借りたい場所の他に、好みのバイクを選ぶことができます。上の画像のように、バイクのカテゴリが分かれているので、好みのタイプを選んで、借りられるバイクを探すことができます。

借りられるバイクの詳細
借りられるバイクの詳細
出展:https://www.riderclub.fr/

こんな具合に、好みのバイクを選ぶことができます。バイクの写真だけでなく、何年製のものなのか、走行距離はいかほどかなど、詳細も見ることができます。

パートナー企業として保険会社Allianzも参画

シェアサービス・Rider Clubのバイク保険
個人間の貸し借りに関する保険はAllianzがサポート
出展:https://www.riderclub.fr/

ユーザの気になる点の一つに保険が挙げられると思います。この点はしっかりサポートされています。大手保険会社のAllianzがパートナー企業として付いているので、そこは安心です。

個人間の貸し借りですが、大手保険会社を参画させることで、ユーザの不安を取り除いています。

貸し借りの契約はスマホで完結

スマホ上のサインで貸し借り契約成立
スマホ上のサインで貸し借り契約成立
出展:https://youtu.be/nSSKxMDf5LI

Rider Clubでの貸し借りは紙ベースの契約書を作る必要はなく、スマホ上で全て完結します。具体的にはアプリ上にサインフォームがあるので、そこに手書きサインを書けば契約成立です。

本サービス発祥の国フランスは、未だに紙文化が根強いですが、最近のスタートアップはDXにより、その文化に改革を起こしています。Rider Clubもその一つ。

まとめ

シェアリングサービスというと、利便性や安さを追求するものが多いと思いますが、このRider Clubはそれらに趣味的な要素(エンタメ)を加えているサービスだと思います。

社会課題を解決する+エンタメ」という観点は、これからたくさんサービスが生まれてくるのではないでしょうか。

また、本記事の中にも書きましたが、日本人旅行者にも是非使ってほしいとのことですので、海外でツーリングしたい!という野望をお持ちの方は是非参照していただけたらと思います。

筆者プロフィール
この記事を書いた人

フランス在住(現地採用)。工学博士。移民。
大学時代から人工知能・コンピュータビジョンの研究に従事し、現在までにディープラーニングを用いたCT画像中の肺結節の悪性判定システムや、車載センサーデータにおける認識処理を用いた自動運転システムの開発を遂行。

Yutaをフォローする
フランス
スポンサーリンク
シェアする
Yutaをフォローする
ヨーロッパのSDGs, AIスタートアップ情報

コメント