リモートワーク求人専用のプラットフォーム・Homajob

リモートワークの求人のみを扱うHomajob フランス
リモートワークの求人のみを扱うHomajob

本記事では、100%リモートワークの求人のみを扱うプラットフォームを運営しているフランスのスタートアップ・Homajobを紹介します。

コロナウィルスで一気に加速したリモートワーク、さらに環境面を考えても多くのメリットがあるこの働き方にいち早く注目したビジネスモデルです。

スポンサーリンク

フランスで初、完全リモートワークの求人を扱うHomajob

リモートワークの求人のみを扱うHomajob
リモートワークの求人のみを扱うHomajob

テクノロジー、特にネットワーク関連の発達と、感染症のパンデミック、そして世界中が関心をもつ環境問題、これらが重なり一気に普及したリモートワークという働き方。コロナ禍で実際にやってみて、メリットを感じた人は多いのではないでしょうか。

世界中がこの働き方にシフトしていて、入社後の働き始めからリモートワークが始まることも少なくないはずです。

そこに注目したのがこのビジネスモデル。Homajobはリモートワークの求人のみを扱うプラットフォームです。入社を希望する人からすると、リモートワーク可能かどうかを面接時にいちいち質問する、もしくは入社後に会社と交渉するのは手間がかかるし、拒絶されるリスクもあります。その点、応募時からリモートワークを謳っている求人であればそんな心配はありませんね。

数千単位の求人を扱う

Homajobが扱うリモートワークの求人数
Homajobが扱うリモートワークの求人数

Homajobはスタートアップとはいえ、現時点(2021年5月)で2000以上の求人を扱っています。当然、全てサイト上で観覧することができ、すべての求人にタグが付いているので、簡単に検索することができます。

リモートワークとの相性の良い?エンジニア求人はもちろん、語学の先生やマーケターなど、普通の求人サイトのように幅広い職種を扱っています。

さらに、ポジションも一般職からマネージャーまで揃っています。

具体的なリモートワーク求人を見てみよう

Homajobが扱うリモートワークの求人リスト例
Homajobが扱うリモートワークの求人リスト例

求人ページを見てみると、上の画像のように、マネージャー、サービス責任者、コミュニティスペシャリストなどが並んでいます。さらに、右側にはその求人に付いているタグが表示されています。

例えば一番上に表示されているマネージャー職には「マネージメント」タグはもちろん、「GDPR(一般データ保護規則)」のタグも付いています。つまり必要なスキルや知識がわかります。

エンジニア求人には「Javascript」などのプログラミング言語や、「Agile」といった開発方法などがタグとして付与されており、このタグで求人を検索することができます。

キャリアのロールモデル検索としても使える

これはリモートワークとは関係ないですが、上記のように各求人に必要なスキル・知識がタグ付けされていると、自分が目指す職業や役職には何が必要かを知ることができます。つまり目指す職種・ポジションのロールモデルを調べることができます。

これは、自分自身でのキャリア形成が求められる昨今、抑えておくべき情報だと私は思います。LinkedInなどもこういった参照ロールモデルの検索に使える(←LinkedIn日本代表の村上さんがメディアでおっしゃっていました)ので、是非活用してみてください。

各求人の詳細

Homajobが扱うリモートワークの求人の詳細
Homajobが扱うリモートワークの求人の詳細

求人リストの中から一つ選んでクリックすると、上記のようにその求人の詳細を見ることができます。ジョブタイトルの下に書かれている「CDI」とはフランスの雇用形態、「Temps plein」とは勤務体験のことです。つまり(当然ですが)、求人の基本情報も参照することができます。

そしてその下には求人に関する説明が書かれています。

Homajobが扱うリモートワークの求人の詳細
Homajobが扱うリモートワークの求人の詳細

興味深かったのは、採用された場合、1か月後、3か月後、6か月後に行っているであろう仕事が書かれていたことです。もちろん、全てがこのフォーマットで書かれているわけではないので、求人によって情報の精度はバラバラですが、いくつか見てみた感じ、結構詳細に書かれているなという印象でした。

日本からも応募可能な求人もあるかも!

リモートワークに特化した求人なので、日本からも応募できる求人もあるかもしれません。もちろん、契約(ビザ)の問題や、その会社のポリシーなどが壁になることもあるでしょうが、少なくとも求人を出している会社に問い合わせることは可能でしょう。

海外進出を目指している方は是非参照したいプラットフォームですね。

まとめ

冒頭にも書きましたが、リモートワークの波が一気に押し寄せ、働き方が急激に変わっています。しかしそれはチャンスでもあり、この働き方をマスターすれば多くのメリットを受けることができます。企業としても、このご時世、このようなプラットフォームを望んでいたでしょうし、双方にとって良い、まさにWin-Winの良いアイデアだと思いました。

こいったスタートアップ情報は上のツイッターアカウントで日々発信しているので、もし興味を持っている方がいらっしゃいましたら是非フォローしてください。

筆者プロフィール
この記事を書いた人

フランス在住(現地採用)。工学博士。移民。
大学時代から人工知能・コンピュータビジョンの研究に従事し、現在までにディープラーニングを用いたCT画像中の肺結節の悪性判定システムや、車載センサーデータにおける認識処理を用いた自動運転システムの開発を遂行。

Yutaをフォローする
フランス
スポンサーリンク
シェアする
Yutaをフォローする
ヨーロッパのSDGs, AIスタートアップ情報

コメント