【北欧スタートアップ】映像ハイライトをAIで自動抽出 AISpotter

フィンランド
スポンサーリンク

急成長する動画配信市場、求められる映像ハイライト生成技術

世界の動画配信市場はYoutubeなどの普及を受けて急速に拡大しており、2015年には200億ドルに満たなかった市場規模が2022年には1000億ドルを超えてくると言われています。(引用:総務省 令和2年 情報通信白書

動画配信が活況になるにつれ、そのコンテンツの効率化・自動化の需要が高まりますが、当分野においてもAIの活用が日進月歩で進んでいます。

映像を自動要約する技術として重要な位置を担うのがハイライト生成技術です。ハイライト生成とは、映像において盛り上がったシーンや、目立つシーンを自動抽出する技術で、例えばスポーツで得点が入り盛り上がったシーンや、楽曲演奏におけるサビ部分などの「見せ場」のみを抽出することに活用されています。

フィンランド国オウル市発 AISpotter社

AIを活用したハイライト生成技術を展開する企業の一例としてAISpotter社を紹介します。

AISpotter社は北欧のシリコンバレーと呼ばれるフィンランド国オウル市に本拠を構える、地元オウル大学発のAIスタートアップです。当社の特長として以下が挙げられます。

  • 映像ファイルやストリーミング映像のリアルタイムなハイライト生成に強みを持つ。
  • 自社独自技術によるハイライト生成エンジンをSaaSとして提供する。
  • スポーツ映像やセキュリティカメラ映像のハイライト生成において豊富な市場実績を持つ。
  • AWS、Azure、GCPなどのパブリッククラウドはもちろん、顧客の社内ネットワーク上に実装することも可能。

5秒で映像ハイライトを生成

映像コンテンツの解像度などにも依存しますが、典型的なスポーツ映像の事例では5秒間で映像ハイライトを生成することが出来るようです。(以下 参考動画)

Automatic Live Video Clipping in 5s

まとめ

  • 動画配信市場は世界的に急成長、過去5年間に4~5倍の市場規模に。
  • ハイライト生成のような映像要約技術への需要は高まり、当分野でもAI活用が進む。
  • フィンランド国オウル市発AISpotterはAIを活用した高速なハイライト生成技術を事業化。
筆者プロフィール
この記事を書いた人
Koki Okada

北欧在住6年。ソフトウェア開発センター長。2児の父。シリコンバレースタートアップとのセキュリティファームウェア開発、US東海岸研究所とのビデオコーデック開発、インドスタートアップとのWi-Fiソフトウェア開発を経て、Nokiaショック後のフィンランドに移りIoT・AI関連のソフトウェア開発センターを立ち上げ・現職。週末は勉強のため読書・執筆。

Koki Okadaをフォローする
フィンランド
スポンサーリンク
シェアする
Koki Okadaをフォローする
ヨーロッパのSDGs, AIスタートアップ情報

コメント